初心者のモトクロスメモ

ニーシンガードについて

ヒザとスネを保護するものです。

 

ニーは「ひざ」 シンは「すね」をさします。

 

ニープロテクターと呼ばれることもあります。

 

僕の調査によると「絶対に必要な装備、きちんとシン(すね)ガードもできるものが必要」という結果に辿り着いたので、

 

KOMINEのSK-684スプリームニーガードを買いました\(^o^)/

 

なので、スプリームニーガードを例にして、ニーシンガードの特徴や選び方、購入方法などを紹介します。

 

選んだ理由

  • KOMINE(コミネ)は日本メーカーだから、問題ないだろうから。
  •  

  • 口コミが多くて、使用感がつかみやすかったから。
  •  

  • ヒザの上と下と足首付近の三カ所でバンド止めできるから。
  •  

  • 割引率が高くて、安価で購入できたから。5000円の30%引きで3500円くらい。

 

 

特徴

  • 体に触れる部分にはクッション生地が使われているので、装着しても痛みはありません。
  • ニーシンガード2

     

     

  • 固定用のマジックテープが三本あります。
  • ニーシンガード1

     

    ニーシンガード7

     

     

  • 外側は硬質プラスチックのプレート
  • ニーシンガード3

     

     

  • プレートはモモ部とヒザ部とスネ部に分割されていて、肘の曲げ伸ばしが容易です。
  • ニーシンガード6

     

     

  • プレートや生地には多数の通気孔が設けてあるので蒸れにくいです。
  • ニーシンガード5

 

 

着用状態

大きい鏡もカメラアシスタントも無いので、この程度の写真しか取れずにスイマセンm(_ _)m
ニーシンガード9

 

ニーシンガード10

 

 

マジックテープは膝の内側(谷になる部分)を避けて配置してあるので、腕の曲げ伸ばしの邪魔になりません。
ニーシンガード8

 

ニーシンガード11

 

 

無理せずに装着状態で正座できるくらい曲がります。
ニーシンガード12

 

 

購入

膝だけのプロテクターでは危険です。

 

「モトクロスブーツの防御力があればスネくらい守れるだろ?」という感覚は甘いです!そんな事を言ってて、スネを折った人が何人もいるそうです!

 

僕もモトクロスブーツの防御力が‥と思っていましたけど、

 

先輩に相談したところ厳重注意を受けてしまいました(^-^;

 

 

オススメ

ヒザのプレートとスネのプレートが分割してあるタイプものもが、ヒザの曲げ伸ばしが容易です。

 

もっと欲を出すと「ヒンジ式」ものもが良いんですけど、値段が初心者向けではないんです。

 

ヒザの上(ふともも)と下(ふくらはぎ)の二か所以上でベルト止めできるもの良いです。

 

ひざ下のみで固定するタイプの物はずり落ちてきたり、

 

ヒザの内側の方に回り込んでしまったりで、もしもの時に役に立たない場合があります。

 

マジックテープ止めのタイプ以外にも、ゴムベルトに足を通すタイプもありますが、

 

これは締め付け具合が調整しにくいので不便です。

 

下に並べた画像の、左のものはヒザ下のみで固定するもの。右のものはゴムベルトに足を通すものです。
  

 

モトクロス用のニーシンガードなら問題ないんですけど、

 

汎用ニーシンガードを選ぶときはすね部分が薄い作りの物にしましょう、

 

すねの部分はブーツに入れるので、ぶ厚いとブーツに入りきれない場合があります。

 

ここで紹介しているコミネのスプリームニーガードはモトクロスブーツに入りますよ\(^o^)/
ブーツ16

 

 

amazonのKOMINE スプリームニーガードは下の画像リンクから購入できます。

 

KOMINE製品はアマゾンでは2〜3割引きで購入できるので お買い得です!

 

アマゾンは在庫数次第で割引率が変わるので、欲しいものが安かったら、さっさと購入してしまいましょう!いつまでも安いわけではありません。

 

 

他のニーシンガード

KOMINEはスプリームニーガード以外にも色んな種類のニーシンガードを販売しています。

 

KOMINE以外にも色んなメーカーがニーシンガードを作っています。

 

メーカーを挙げると「FOX RACING」 「UFO」 「EVS」 「thor」などがあります。

 

そして、それぞれのメーカーが色んなエルボーガードを作っていますので自分に合うものを選びましょう。

 

と、言ってもこのページを見ているような初心者は、何が[ 自分に合うもの ]なのか分からないと思います。もちろん僕もわかりません(^-^;

 

初心者のうちは、ヒザの曲げ伸ばしが容易なら何でもいいようです。

 

以下では、色んなエルボーガードを紹介しています。

 

 

関連記事

エルボーガードについて  ブーツについて

 

グローブについて  ヘルメットについて

ニーシンガードは大きく分けて4種類あります。

  • プレートタイプ
  • サポータータイプ
  • ヒンジ付き
  • ニーブレイス
続きを読む≫ 2016/06/20 16:26:20

ホーム RSS購読 サイトマップ