初心者のモトクロスメモ

コーナーの走り方を研究したよ!

前の記事→明日はHSR九州いくよ\(^o^)/

 

今日はHSR九州でコーナーの練習した。

 

足を痛めてジャンプ・転倒禁止令が出てるから、仕方なくコーナー練習。。

 

僕は空を自由に飛びたくてモトクロス業界に足を突っ込んだのに、

 

飛べないなんて楽しくないやん(*_*;

 

と、思ってたけど…
モトクロス HSR九州 オフロードコース 砂 土

コーナーちょー楽しいんですけど!!!!

 

ストレートで僕を抜いていった人々を、コーナーの内側からヒョイっと抜き返すのとか堪らなく楽しい\(^o^)/

 

最初は、仕方なくコーナーをノロノロ走ってたけど、

 

色々と頭を使いながら研究しながら走ってると、少しづつコツとか気持ちいい走り方が分かるようになった( *´艸`)
モトクロス コーナーの走り方 HSR九州 カーブ CRF

 

と、いうことで僕のコーナー研究の成果をどうぞ↓

 

 

コーナーの走り方

シートの角に座る

[コーナーは車体を傾けて曲がる]っていうのはバイクの基本みたいなもんだけど。

 

サーキットと公道では傾ける量が全然ちがう。

 

シート座面(上面)に座ってたら、バイクを傾ける量なんてたかが知れてる

 

シートは座面に座るものだという固定観念を捨てる。

 

[車体を傾ける]よりも、[シートの角に座る]って意識してるほうが

 

簡単に車体を倒せるし、労力も少なく疲れない気がする。

 

何十馬力で暴れるバイクを倒すより、

 

自分がシートの角に移動したほうが楽チンだということに気づいた(*´з`)
モトクロス コーナーの走り方 シートの角に座る カーブ

 

 

シートの前に座る

シートの前っていうより、[タンクの上に座る]かな?

 

これで、急旋回できる(*‘∀‘)

 

リアタイヤにかかる体重を軽くして横滑りしやすくして

 

なんかモーメントとか?テコの原理とかの なんかそんな感じで

 

旋回軸から遠いところに重り(体重)を置いておくよりも、

 

旋回軸に近いところに重心があるほうが旋回速度が速い

 

移動量(旋回)×重さ(体重)=仕事量(アクセル)←こんな感じ。

 

重心位置によって同じアクセル量でも、旋回量が全然違う。
モトクロス コーナーの走り方 シートの前側に座る カーブ
シートの後ろに座って、リアタイヤに体重がかかってると、

 

横滑りよりも、地面を深く掘るためにタイヤの回転力が使われてる感覚

 

だから、できるだけシート前側に座って、リアタイヤの負荷を軽くする。という作戦。

 

 

クラッチレバーは固定しない!

傾けるのが楽しくて、調子に乗って寝かせてたらコケた…(*_ _)

 

コケたおかげで、クラッチレバーが曲がってしまって操作しづらい。。

 

ピットに帰って、レバーを曲げ直そうとしてるときに先輩登場。

 

「クラッチと前ブレーキはユルめに締める程度にしておけ。」と。

 

緩めに締めるのはハンドルのココ↓
モトクロス クラッチレバーは固定しない 前ブレーキは緩めに締める レバーが折れないように

 

ここを緩めに締めておくと、転倒してレバーに負荷がかかったときに、

 

ここがクルリと回って負荷を逃がして、レバーが折れるのを防いでくれるんだそう。

 

締める強さは、[走行中の振動では動かないけど、手でギュッっとやると動くくらい]がちょうど良いんだって。

 

 

市販車とは違うのだよ

市販車では、ここを固定するために凸凹が付いてるのに…

 

やっぱり競技用と公道用は全然違うんやなぁ((+_+))

 

さすが先輩さん、今日も勉強させてもらいました。

 

毎度ありがとうございますm(_ _)m

 

前の記事→明日はHSR九州いくよ\(^o^)/

 

次の記事→レース…出る?

 



ホーム RSS購読 サイトマップ