初心者のモトクロスメモ

ジャンプの研究してきたよ!

前の記事→[今度のレース、出ないと後悔すると思うの!]

 

仕事で足を痛めてから、医療機関から[ジャンプ禁止]と言われてるんだけど…

 

必死に走ってたら[ジャンプ禁止]なんて、思い出す余裕もないわ(`皿´#)

 

と、いうことで、僕のジャンプ研究成果発表会ですm(__)m

着地の種類

ジャンプの前に着地から。
着地は3種類。

  • 前輪から着地
  • 後輪から着地
  • 前後同時に着地

 

前輪から着地

僕の場合は、水平で飛び出して、徐々にフロントが下がってくることが多い。
モトクロスの練習 ジャンプの姿勢 フロントタイヤから着地 前傾姿勢

 

ちょー怖い。

 

前傾姿勢で地面に突っ込んで行く恐怖( ;∀;)

 

[ぁ…死んだ。]ってなる。

 

前のサスが、縮みきっても着地の衝撃を吸収しきれなくて 底ついて[ガッ]ってなる。

 

[着地]というよりも、[衝突]している感覚(>_<)

 

 

後輪から着地

前輪が上がっている状態
Motocross ジャンプの姿勢 リアタイヤから着地 サスの動き

 

着地時にリアサスが沈む。

 

次に、リアサスが伸びて、フロントが落ちてくる。この時はお尻を蹴り上げられてるような感覚。

 

この後は、前サスが縮む。この時はリアサスが伸びていて 前サスが縮んでいて前傾姿勢になってる。

 

そして、前サスが伸びて、車体の水平を取り戻す。

 

後傾姿勢で着地して、リアサスが跳ねて前傾姿勢になって、前サスが落ち着いて水平姿勢になる。

 

上半身が前後に振られて非常に疲れる、握力が食われる(*_*;
モトクロス ジャンプの研究 リアタイヤから着地 サスの動き

 

前後同時に着地

前後のサスで着地の衝撃を吸収してくれてるみたいで、快適な着地(*‘∀‘)

 

強い衝撃は無く、上半身が振られることもない。
モトクロス ジャンプの姿勢 前後輪同時に着地 車体は水平

 

 

ジャンプの姿勢はアクセル次第

着地の種類では、前後輪が同時に着地するのが1番ラク。

 

じゃあ、前後同着にするにはどうすれば良いのか?

 

これは、どうやらジャンプ登り中のアクセルでコントロールできるみたい。

 

前輪から着地

前から着地するときは、「アクセル開けっ放しだった!」と思うことが多かった。

 

それを検証してみようと、開けっ放しの前着地を何回か繰り返した。

 

その結果、どうやら[開けっ放しで前着]は間違いないらしい。

 

後輪がジャンプ台の頂上を過ぎるくらいまでアクセル開けてると、前から落ちるみたい。
モトクロスの練習 ジャンプの研究 前輪から着地 前傾姿勢

 

後輪から着地

[アクセル開けっ放しだと前から落ちる]と気づいてからは、

 

恐怖の前着地を避けるために、後輪がジャンプ台の登り坂7合目くらいの所でアクセルを戻してた。

 

そうすると、後輪から着地することが多くなった。
モトクロス ジャンプの研究 後輪から着地 後傾姿勢

 

前後同時に着地

前後同着にしたいなら、前着と後着の中間で飛べばいい。

 

僕の場合は、登り坂8合目くらいでアクセルを戻して、

 

9.5合目くらいで「バッ」とアクセルを当ててやると、だいたい前後輪同地に着地できる

 

「バァーーーーーァン...バッ!」こんな感じのアクセル具合( *´艸`)
モトクロス ジャンプの実験 前後輪同時に着地 車体は水平

 

 

研究の感想

失敗も成功のうち

モトクロス初めてすぐに「ジャンプ台の頂上直前でアクセルを1発あててやると着地が安定するよ」って教えてもらってたから、

 

コレばっかり意識して練習してたけど、失敗したジャンプも意識していないとダメね。

 

今回はそれを思い知った。成功だけを見てたんじゃあいつまで経っても足りないまま。

 

[成功を練習して成功率を上げる]と[失敗を練習して失敗率を下げる]両方とも必要な気がした。

 

恐怖の克服

前着アクセルの検証は怖かったけど、恐怖におびえて動き出さないほうが恐怖なんだって分かった。

 

知らない業界で やったことない事をやってるんだから、恐怖の100や200は当たり前。

 

克服しないと恐怖は恐怖のまま(´;_;`)

 

 

 

前の記事→[HSR九州のスーパーコース走ってきたよ!]

 

次の記事→[レースの参加申し込みは、そこはかとなくヤバい。。]


ホーム RSS購読 サイトマップ