初心者のモトクロスメモ

木でラダーレールつくる

今日はHSRに練習に行く予定だったけど、台風が来てるから中止になりました(’A`)

 

中止になって時間が出来たので、バイクを積み込み時に使う「ラダーレール」を自作しました。

 

ラダーレールは購入すると8000円以上するものばかりで、気軽に購入できないんです。
  

ラダーレールは半年以上前にも作ってたんだけど、今 思うと長すぎる(^-^;
ラダーレール自作6

 

これを作ったころは、モトクロッサー持ってなくて特徴なんか全然知らなかったから、

 

ウチに有るHondaジェイド250ccを基準にして、

 

フレームを擦らない角度が確保できるようなラダー長で設計してたけど、

 

モトクロッサーは最低地上高が高いから、ラダー長はもっと短くしてもフレームは擦れないね\(^o^)/

 

それに、モトクロッサーは軽いからラダー途中の支柱も要らない!

 

持ち運びしやすい設計で有難い(*‘∀‘)

 

 

なので、短いラダーを作ります。

 

トランスポーターが軽自動車なので、なるべく物は小さくしておきたいんです。

 

材料は以前作ったラダーのあまりもの。ラダーの部分だけなら、材料費1000円未満でできますよ。

 

以前作った長いラダーと、今から作る短いラダーの比較。

 

写真のラダーの板、長いのと短いのはもともと一枚の板で長さ3m 幅20cm 厚み3.5cmだった。

 

たしか板の値段は300円くらいだった。
ラダーレール自作7

 

 

まず、段差を無くすために、斜めにカット。地面側もクルマ側も。
ラダーレール自作8

 

 

刃、とれた。小学生時分から使ってたノコ‥今まで20年間くらいありがとう(T_T)

 

安らかに眠っておくれ、お前のことは忘れないよ。
ラダーレール自作9

 

 

でも、お前の代わりなんていくらでも居るんだよ。代わりのノコでカット。
ラダーレール自作10

 

 

これくらいの斜度なら、問題ないよね(*‘∀‘)

 

この時の板の長さは150cmくらい。これなら簡単に車に積み込める。
ラダーレール自作11

 

 

クルマ側には穴をあける。

 

この穴にUボルトを通してリアゲートのラッチに引っ掛けてラダーを固定します。
ラダーレール自作12

 

ラダーレール自作13

 

 

積み下ろし中に、横尾滑りしないようにサイドウォールを取り付けます。

 

サイドウォールの角材は小屋に転がってた端材。
ラダーレール自作2

 

 

滑り止めのサイドウォールが外れたらシャレにならないので、

 

用心のために木工用ボンドを塗ってネジ止め。
ラダーレール自作5

 

コレで木製の自作ラダーレール完成\(^o^)/簡単だし安上がりだし楽しいからオススメ!

 

ココから先はオマケ機能。

 

モトクロスのお供に購入したカラーボックス790円に、ラダーをくっ付けて
ラダーレール自作15

 

 

ラダーともどもカラーボックスの壁に穴をあける。
ラダーレール自作16

 

 

さっき空けたラダーの穴には鬼目(おにめ)ナットをネジ込む。鬼目ナットの穴口は六角形なので、ねじ込む時には六角レンチで回します。
ラダーレール自作19

 

ラダーレール自作20

 

こうすると、木材にも雌ネジが切れる。鬼目ナットは5個入り200円くらい。
ラダーレール自作21

 

 

カラーボックス内側からナットを通して、ラダーの鬼目ナットに締める。
ラダーレール自作23

 

 

これでラダーが立つ。
ラダーレール自作24

 

 

ラダーの先っちょ、Uボルトを通す穴にステーをボルト止め。
ラダーレール自作14

 

 

収納形態。ラダーの裏側にボルト4本とステーを固定、これで持ち運びに邪魔にならない( *´艸`)変形・合体は男のロマン。
ラダーレール自作4

 

ラダーを立てたのは、クルマから引っ張ったブルーシートを引っ掛けて日陰を作りたいから(*´ω`*)

 

ピットの設営なんてしたことないから、現場で実際に使うか分かんないけど、、

 

作ってて楽しかったから良いの。DIY好きなの。

 

前の記事→HSR九州オフロードファンサンクスデー

 

次の記事→CRF150R2初乗り

 


ホーム RSS購読 サイトマップ